脱毛時に抑えておきたいお手入れ方法について

アフターケアが最重要。

サロンや自宅で脱毛を行う人は多いと思いますが、やりっぱなしで満足してたらダメですよ。肌に負担がかかっている状態ですのでしっかりと保湿ケアをすることが必要。脱毛後は乾燥や炎症によって肌のバリア機能が低下している状態なので化粧水やローションなどでケアすることが大事ですね。衛生管理にも注意して汗などはしっかりと洗い流すことで肌トラブルを未然に防止できますよ。日々のケアを怠らないことが美肌を得る秘訣ですね。

化粧水のつけすぎは厳禁!

乾燥しすぎた肌にはサロンでの脱毛は負担が大きくなるので施術を断られるケースもあるんですよ。そうならないように自宅で正しいスキンケアを知っておく必要がありますね。化粧水は安価に購入できるのでたっぷりと使用すれば美容成分が肌に浸透していくと思っている人がいますが、自分に合った適量を知ることが大事。つけすぎることで蒸発する際に皮膚の水分も持っていかれてしまうので再び乾燥状態になりますよ。少量で肌に浸透すれば十分美肌効果があるでしょう。

パッティングはしなくていいの?

カミソリやシェーバーなどを使った後にはヒリヒリと肌に負担がかかります。十分な保湿や美容成分を含んだスキンケア製品を肌の深部にまで浸透させることでケアできますが、コットンなどを使用してパッティングする必要はないでしょう。摩擦や叩くことで肌に負担がかかるので手で軽く塗り広げるだけで十分ですね。むしろ、手の温もりで美容成分も浸透しやすくなり顔全体をケアすることができますよ。くれぐれも清潔な状態の手で化粧水をつけないと細菌が肌に付着するのでトラブルの原因になるでしょう。

永久脱毛を新宿で開始するにあたり、最新の医療機器が用意されているクリニックの症例や患者の声を聞くことが有効です。