除毛?減毛?!レーザー脱毛に於けるムダ毛処理のメカニズム

ムダ毛処理法は除毛と脱毛に大別されるのが基本

レーザー脱毛も含め現在様々に存在するムダ毛の処理方法は、基本的にムダ毛をどこから処理するのかにより、除毛と脱毛とに大別されているんですよ。除毛は、一般的に多く利用されるカミソリや電気シェーバーなどによった場合で、肌の表面に現れるムダ毛部分のみを取り除く処理法を言います。これに対して、脱毛は、ムダ毛を毛根から除去する方法で、自己処理ではピンセットなどを用いる場合、プロの処理ではニードル脱毛、そしてレーザー脱毛などがこれに含まれます。

レーザー脱毛は正確には減毛する処理法

レーザー脱毛によるムダ毛の処理法は、確かに除毛と脱毛の区別に於いてその名にあるように脱毛に分類されますが、正確には減毛とされています。減毛はムダ毛を少なくする方法を指し、毛根からムダ毛を取り除く脱毛に対して、よりムダ毛の状態及び状況を指す意味合いが含まれます。そして、レーザー脱毛も毛根からムダ毛を処理する方法であることから、大きな分類では脱毛であり、その中でも除毛による処理法と詳細な僅かな違いが指摘されることがあるんですよね。

レーザー脱毛のメカニズム

レーザー脱毛が除毛であるとされる理由は、その処理のメカニズムにあります。そこで、元々レーザー脱毛は、既に肌に生えるムダ毛に対して、それをそのまま毛根から取り除く方法として考案されたものではなく、より肌への負担を軽減して根本的に解消する為、毛周期に着目して開発された処理方法です。その為、毛周期に合わせて照射を重ねることで、毛根の細胞にダメージを与えてムダ毛の再生を抑制して行き、徐々にムダ毛を減らすことで処理する方法なんですよ。従って、レーザー脱毛は、ある程度減毛された状態を維持できるムダ毛の処理法と言えるでしょう。

特殊な光を肌に当てて、毛根を死滅させるのがレーザー脱毛で、痛みか少ないものがありますし、効果が長持ちする場合が多いです。